結局どっちが良い?WiMAXとWiMAX2+それぞれの特徴

WiMAX2+の特徴とは

通信速度がWiMAXの3倍速い

WiMAX2+は通信速度で言えばWiMAXの3倍もの速さになります。そのため、動画鑑賞や容量の大きいファイルの送受信などもWiMAX2+の方がスムーズにできるようになるでしょう。この通信速度であれば、自宅でWiMAX2+をメインの回線にするという事も可能です。

通信制限がメインの回線にするにはネックだと感じる方もいらっしゃるでしょうが、現在は通信制限後にも通常利用にそこまで支障が出ないくらいまで速度は出るようになっています。常に動画を見ながらネットでさらに作業をするなんていう使い方をしなければ、制限の事を考えてもWiMAX2+を自宅用にする事は可能だと言えるでしょう。

WiMAX2+には通信制限あり

前述でも少し触れましたが、WiMAX2+には通信制限があります。通常プランだと2年間は通信制限なしで使う事ができますが、それ以降は1ヶ月の容量が7GBをこえる場合に通信制限がかかるようになります。また少し料金の高いプランに使い放題のプランもありますが、そちらも3日間で3GB使ってしまうと制限がかかる仕組みになっています。

とはいえ、3GBというのは動画を5時間程度鑑賞した時の容量に値います。なので簡単にたったの3日間で3GBを使い切ってしまう事はなかなかできないと言えるでしょう。そしてこれらのプランは月単位で切り替えが可能です。なのでたくさん使いそうな月には使い放題のプランに切り替えてそれ以外は通常プランにして料金を節約なんていう事も可能だと覚えておきましょう。

料金差がWiMAXとあまりない

WiMAX2+の方がWiMAXより料金は高くなるものの、その差というのは大きなものではありません。数百円レベルの差になりますから、通信速度の速さなどを考えれば納得のいく範囲だと言えるのではないでしょうか。むしろこのくらいの料金差にも関わらずここまでネット利用が快適になるというのは、WiMAX2+の大きなメリットとも言えるのではないでしょうか。

WiMAXの特徴とは

通信制限がない

WiMAX2+にある通信制限がWiMAXの方にはありません。つまり、常に使い放題で通信速度が急激に落ちるという事がないのです。とはいえ、現在WiMAXはそもそもの通信速度がかなり遅いです。なので、通常の利用でも動画の読み込みが遅いなどでストレスを感じられている方は多いでしょう。

それを思えば、普段は快適に使えてたまに通信制限がかかるくらいのWiMAX2+の方が、トータルの通信速度に対する満足度が高いという事も考えられます。

通信可能エリアが広い

WiMAXは通信可能エリアがとても広いです。今WiMAX2+はまだまだ繋がりにくいところが多い状態なので、地域によっては利用ができない、またはかなり利用がしにくいという事も考えられます。とはいえ、当然WiMAX2+はこれからどんどんエリア拡大をしていく予定ですので、今後はこのエリアの難点もなくなっていくと考えられます。

WiMAXは新規契約向きではない

WiMAXは現在終了に向かっていると言われています。まだ決定ではないものの、あと数年もあればWiMAX2+に完全移行の可能性があるのです。ですから今後は新規契約がそもそもできないという状況になっていく事でしょう。今からWiMAXを新規契約しても、その後すぐにサービス自体が終了してしまうなんていう事もあり得る話です。

またWiMAX2+がメインになりWiMAXの方はどんどん通信速度が遅くなっていく、などサービス内容の衰退の可能性もあります。それなら最初からこれから契約をする時にはWiMAX2+にしてしまった方が面倒や混乱などがないと言えます。

こちらのコラムも人気です!